カテゴリ: 自己分析

ページ: << 1 2 3 4 5 >>

エントリーシート(自己分析の仕方)

パーマリンク 2007/12/15 09:51:31 著者: ganchan77
カテゴリ: 自己分析, エントリーシート

現在、エントリーシートを一生懸命書いている人も多いのではないでしょうか?

私も今月に入って、エントリーシートの添削を何十通と行なっています。

その中で、すんなりと読み手に届くエントリーシートに変更していく人と、何度も書き直しをしても、正直何ともならない人との差が出ます。

それは何か?

自分自身のことを様々な視点からしっかりと理解しているかどうか?
これにつきます!

つまり、自己分析をしっかりと行なったかどうか?
そのことが、就職活動を支えるというか、大きく変えることに繋がったということです。

採用側から見ても、魅力のある学生なのか?どこにでもいる学生なのか?
その部分をアピールできるかどうかも自己分析にかかっています。
そういうことです!

学校などで、コンピューターでの自己分析を行なったかも知れませんが、併せて自分自身のベースを知るためのワークシート形式のものも行なって下さい。

私の自己分析のサイトに、無料のワークシートを用意しています。サイトの内容と併せて使用してくださいね。

最高の就活を応援します!

【就職活動のための自己分析の方法】

 

【就職活動のためのエントリーシートの書き方】

 

【就職活動支援サイト】Career Presents

就職活動 自己分析

パーマリンク 2007/12/10 07:51:58 著者: ganchan77
カテゴリ: 自己分析, Career Presents

就職活動において、自己分析は何故必要なのでしょうか?
早い段階から、就職活動というものを、学生生活の集大成として捉えることができている人であれば、早い段階から就職活動についての情報収集を行っていることと思われます。

しかし、この時期になってから、就職活動を行なう人は、どうしても作業が優先になってしまします。

リクナビ・マイナビ・エンジャパンへエントリー
      ↓
気になる企業へエントリーを開始
      ↓
エントリーシートの課題・締め切り
      ↓
締め切り間際になってから、慌てて考える
      ↓
マニュアル本・ネットなどで情報収集を行なう
      ↓
ギリギリのタイミングで提出完了
      ↓
その後、説明会・面接へと進む

こんな感じですね。

このようなパターンで就活を行う人は、どこで自己分析などをするのでしょう!
企業からの一つ一つの質問に対して、過去を振り返り、数を書いているうちに何となく慣れてきて、そのまま最後まで・・・

そんな人も多いのではないでしょうか?

これがそもそもの間違いの基なのです。

就職活動は、内定を獲得することが目的ではありません!

企業から選んでもらうのではありません!
自分の目的に合った企業を選ぶのはコチラです!
主役は学生なのです!

そのことをしっかりと理解して下さい!

自分が何のために働くのか?
どういう目標を持つのか?
自分の夢は何か?

これがないと、就職先なんて決められる訳がありません!
そのことをしっかりと理解して下さい!
そのためには、自己分析は必須です!

私のサイトにも、無料のワークシートを用意しています。
ぜひ、活用して下さい

Career Presents のサイトには就職活動全般についての、無料レポートも用意しています。
こちらも積極的に活用して下さい。

もし、迷ったり悩んだら、遠慮なくメールして下さいね

【就職活動のための自己分析の方法】

 

【就職活動のためのエントリーシートの書き方】

 

【就職活動支援サイト】Career Presents


 

【画像をクリックしてエントリーして下さい】

みなさんが企業側なら、早くエントリーした人と、そうでない人とでは、どちらに本気度を感じますか?

いい人材なら、早期に確保しよう!そう思うのが企業側の心理!
ましてや、売り手市場ですから、人材の確保に苦労しますしね
この機会を逃さないように、エントリーしておいて下さいね

自己分析(エントリーシートの書き方・例)

パーマリンク 2007/11/18 10:58:51 著者: ganchan77
カテゴリ: 自己分析, Career Presents

エントリーシートの書き方の例に見られるように
企業側が知りたいポイントがいくつか存在します。

やはり定番は、自己PR・志望動機・力を入れたこと!
長所・短所・何のために働くのか・自分の夢は何か

もちろん、10社以上にエントリーするわけですから
その質問方法にも、様々なものがあります

学生にも色々なタイプがあります!

目の前の緊急度を優先に取り組むタイプ

これは、エントリーシートの内容に応じて、答えを
考えていくタイプ。エントリーシートを書くことが
最大の目的になっています。

私たちの脳は、目的を達成するとよほどの快楽か苦しみを
乗り越えたと言うこと以外は、記憶に残りません。
ですから、いざという時に、出てこないのです。

就職活動の最高のゴールを想定して行動するタイプ
緊急度よりも重要なことを優先することになります

エントリーシートを複数提出することも、納得のいく行動
と捉え、いつでも引き出せる状態にあります。
ですから、バリエーションに応じて、様々な対応ができます

そのために、一瞬遠回りと思えるようなことでも全力で
取り組みます。
それが『自己分析』であり『他己分析』なのです

長い就職活動を送る上で、必須事項です
全力で取り組んで下さい。

真っ先に、エントリーシートの見本や、参考例を探したり
ヘアスタイルや持ち物にこだわるようなことのないように!
必要なことですが、優先順位が違いますよね!

【就職活動のための自己分析の方法】

 

【就職活動のためのエントリーシートの書き方】

 

【就職活動支援サイト】Career Presents

就職活動の変化

パーマリンク 2007/09/10 09:55:46 著者: ganchan77
カテゴリ: 自己分析

最近、就職活動を行なう学生に対して企業側が
『ブログとかは書かれていますか?』
こう聞かれるケースが多くなっているようです。

ある意味では、学生時代の『履歴書』のような
ものにあたります。
また、自分を表現する『自己PR』のようなものにもなります。

今年の就職活動も『売り手市場』と言われていますが
その売り手市場の就職戦線にも変化が起きています。

それは、 『就職活動の二極化』 『就職活動の長期化』です
二極化は、内定の集まる人材と、そうでない人材の差が
大きく開いてきていることです。

もう一つは、理系の研究職などは早く内々定が出ますが
全体的に内定+就職先決定までが長期に渡るということです。

OB・OG訪問などは、学生側が就職先を決めるための情報収集
として、以前から行なわれているものでありました。
しかし、最近では「リクルーター」と呼ばれる、企業側の
選んだ、その大学のOB・OGが就職活動生に対して接触を
はかってきます。
企業側も、なるべく創っていない本当の人物を探ろうと
一生懸命になっています。

様々な情報の収集を行ない、『自己分析』を行ない
就職活動の現実をしっかりと把握して就職活動に望んで下さい。

就活のスタートは自己分析です

昨年も10万人の学生が行なっています。
無料ですので、ぜひやってみてください。
就活
就活

秋、就活シーズン到来(就活 2009)

パーマリンク 2007/09/02 15:18:11 著者: ganchan77
カテゴリ: 自己分析, Career Presents

いよいよ、9月になりました。
就活シーズンが到来したということですよね。

インターンシップに行っている人は、すでに
スタートした感じになっているとは思いますが
そうでない人は、これからですよね。

周りが動き出してから、バタバタするのではなく
自分で色々と考えて、色んな事を進めていきたいですね。

自己分析
エントリー
OB訪問
エントリーシート記入・提出
Webテスト
説明会
集団面接
グループディスカッション
個人面接
役員面接

などなど・・・ 様々なイベントが待っていますよ。
早い段階から、準備をしながら、最高の会社を探す。
自分の夢・目標をしっかりと持つ
そして、それを実現していく

まずは自己分析からスタートですね。
就活
就活

就活
就活

ブログランキング登録しました。クリックお願いします

 ランキングアップにご協力下さい!

<< 1 2 3 4 5 >>

2018年6月
 << <   > >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

森 徹織

キャリアコンサルタント
心理カウンセラー
メンタルトレーナー

大学の就職相談室カウンセラー メンタルトレーニングの講師などを
中心に行なっています。


ブログのお申込みはこちら

検索

XMLフィード

16ブログ     blog software