« 大学中退の就職(2009 就活)秋 就職活動のシーズン(2009 就活) »

就職活動の変化

就職活動の変化

パーマリンク 2007/09/10 09:55:46 著者: ganchan77
カテゴリ: 自己分析

最近、就職活動を行なう学生に対して企業側が
『ブログとかは書かれていますか?』
こう聞かれるケースが多くなっているようです。

ある意味では、学生時代の『履歴書』のような
ものにあたります。
また、自分を表現する『自己PR』のようなものにもなります。

今年の就職活動も『売り手市場』と言われていますが
その売り手市場の就職戦線にも変化が起きています。

それは、 『就職活動の二極化』 『就職活動の長期化』です
二極化は、内定の集まる人材と、そうでない人材の差が
大きく開いてきていることです。

もう一つは、理系の研究職などは早く内々定が出ますが
全体的に内定+就職先決定までが長期に渡るということです。

OB・OG訪問などは、学生側が就職先を決めるための情報収集
として、以前から行なわれているものでありました。
しかし、最近では「リクルーター」と呼ばれる、企業側の
選んだ、その大学のOB・OGが就職活動生に対して接触を
はかってきます。
企業側も、なるべく創っていない本当の人物を探ろうと
一生懸命になっています。

様々な情報の収集を行ない、『自己分析』を行ない
就職活動の現実をしっかりと把握して就職活動に望んで下さい。

就活のスタートは自己分析です

昨年も10万人の学生が行なっています。
無料ですので、ぜひやってみてください。
就活
就活

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年5月
 << <   > >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

森 徹織

キャリアコンサルタント
心理カウンセラー
メンタルトレーナー

大学の就職相談室カウンセラー メンタルトレーニングの講師などを
中心に行なっています。


ブログのお申込みはこちら

検索

XMLフィード

16ブログ     blogsoft