« 何のために働くのか?インターンシップイベントの捉え方! »

自分を知る・就活を知る!

自分を知る・就活を知る!

パーマリンク 2007/05/28 09:02:23 著者: ganchan77
カテゴリ: 自己分析

私が、就職・転職・進学などの相談の際に心掛けていること

それは『答えはその人の中にある』ということを理解すること

20歳の前半でも、20年以上の様々な経験をしているため、
それを一度整理することから始めていく。
整理するというか、今まで全く焦点を当てることすらなかった
そういう部分に焦点を当てていくということです。

自分の長所・短所、どんなことに力を入れたのか?
実際は、そんなことを考えて行動する人は少ないと思います。
感覚的に、ここが優れているとか、こういうことが好き!とか
自分が感覚的に感じたことや、興味を持つことで行動に移す。。
その積み重ねではないでしょうか?

経験をたくさん積み重ねていくことで、自分の好き・嫌いや
得意・苦手などがだんだんはっきりとしてくることだと思います。
体験として得たものを、感覚的に持っているということです。

そして、就活にて、感覚的に持っている・身についているものを
言語化し文章化することになるということになるのです。

そういうことを知らない学生や、支援者に合うことのない人は
いきなり、それらの内容を紙に書く・言葉にしていきます。
巷に溢れているマニュアル・対策本などで・・

勉強ができた・成績が良かった子程、マニュアル化していきます
すべて、対策・暗記で乗り切ろうとします。

1+1=□ こういう答えがあると思っているのでしょう・・・
社会では、2=□+□ になることが圧倒的に多いと思います。

そう、答えは一つではないのです。
答えを出すに際に、自分自身が必ず表面に出ます。
自分というフィルターを通して、自分なりの答えが出てます。
そのため、現在の採用試験では、民間・教職・公務員どの分野でも
『面接』への比重が重くなっています。

同じ教科書・マニュアルを通しての行動ですが、重要になるのは
「何をするのか」ではなく『誰がするのか』
このことに重点が置かれていくことになるでしょう・・・

ですから『自己分析=自分を知る』ということは大切なのです

そして、「就活とはそういうことを問われる」ということを
しっかりと理解して欲しいと思います

この記事へのトラックバック アドレス

トラックバックURL(右クリックでURLのコピーをしてください)

フィードバックはまだありません...

コメントを残す


頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません

頂いたURLは表示されます。
(改行が自動で <br /> になります)
(Name, email & website)
(ユーザに、メッセージ・フォームを通じた連絡を許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))
2018年9月
 << <   > >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

森 徹織

キャリアコンサルタント
心理カウンセラー
メンタルトレーナー

大学の就職相談室カウンセラー メンタルトレーニングの講師などを
中心に行なっています。


ブログのお申込みはこちら

検索

XMLフィード

16ブログ     powered by b2evolution